忍者ブログ

Bipolar Acoustics -双極性音響-

Nakadomari's Official Website

精神薬が効いた時の「普通」

世の中には「普通」なんてものはなくて、みんなそれぞれ個性がある、という論調がありますね。でも、やっぱり平均的な流れなんてものはあって、特に健康という意味では「健常かどうか」という違いが明らかにあります。

僕は双極性障害の薬をいくつか飲んでいますが、以前は「リスパダール」と呼ばれる薬を飲んでいたことがありました。これはセロクエルが出る前に頓服として出されていた薬で、いらいらや大きな不安感、自殺衝動などが出そうな時に飲んでいました。

正直なところ、あんまり効かないこともあったんですが、効く時はすっと気持ちが楽になるんですよ。それで、「ああ、普通はこんな感じで日々を過ごせるんだ」ってびっくりするわけです。

誰でも一日の中でいろんな出来事に影響を受け、感情が揺れ動くことはもちろんあると思います。双極性障害は、その振れ幅を2倍以上にしたものを思っていただくといいかもしれません笑

普通、というか健康っていいなと思うけど、双極性障害は付き合っていく病気だから仕方ない。

でも、僕はジムはずっと通ってて、風邪をめったにひかないし体もごつくて肉体的には健康です笑
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。