忍者ブログ

Bipolar Acoustics -双極性音響-

Nakadomari's Official Website

シゾイドと双極性障害のハナシの続き

一昨日の記事の続きです。

僕は昔から孤独で美しい世界の妄想に浸るのが好きで、逆に現実的な肌感覚みたいなものが苦手でした。遠足も修学旅行も理由をつけて行かなかったし、文化祭なども関わりませんでした。そういうところでの「一体感」みたいなのが僕の心を滅ぼしていくからです。

選挙権をゲット!してからは、政治に関しても僕は近づけないと分かりました。そりゃ「社会」の代表的な部分なんだから早く気づけよと今は思いますが、国籍とか住民票の存在にも気分を悪くする人間が政治に積極的に参加するなんてそりゃ無理ですよね笑

僕の双極性障害は、シゾイドの二次的な症状なのかもしれません。この感覚が分からないのは仕方ないですが、頭の中だけでも理解してくれないと僕はその相手と一緒にいることがしんどくなります。

今のパートナーには「僕をあまりそっちの友人に会わせないで」などと伝えて、時間はかかりましたがシゾイドについて理解してくれています。パートナーの友人に紹介されて会うっていうのも、僕の世界を壊す要因の一つになるので。

こう書いてみるとなんか滅茶苦茶な人間ですね笑
でも仕方ないですし、批判されても同意されても僕は特に興味がありません。
面白いので、ブログネタにしたって感じです笑

でも、地元にいる時に臨床心理士とこの傾向を和らげるトレーニングをして、だいぶマシにはなったと思います。人と話したい時はちょっと増えたし。

でも、このまま生きていけるかの不安は拭えないですけど^^;


PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。