忍者ブログ

Bipolar Acoustics -双極性音響-

Nakadomari's Official Website

ちょっと鬱くらいがいい

通院で医師に言われたことがなんですが、双極性障害の患者は「ちょっと鬱」くらいで安定している方がいいみたいです。

診察時間が限られているのであまり多くは話せませんでしたが、僕が思うところを書きます。

躁状態が激しい双極性障害の1型、比較的躁状態が穏やかな2型のいずれの場合も、躁状態にはかなりのパワーを発揮します。ギャンブルなど悪い方向にエネルギーが向いてしまう場合もありますが、勉強や仕事などで大きな成果をあげることも少なからずあります。

要は、これが「気持ち良い」わけですよ。

逆にうつ状態になると人生の転落者気分になって、「いままでやってきたことは何だったのか?」と自責の念に駆られるわけです。そうすると、躁状態または軽躁状態の方が何事もうまくいくと思っちゃうんですよね。

しかし、躁状態が来たら、その分またはそれより大きなうつ状態が来るのが双極性障害という病気です。恐らく、双極性障害ではうつ状態を少しずつ持ち上げると同時に、躁状態に移行しないように歯止めをきかせ続けるのが治療の目標になるのでしょう。

そういう意味で、「ちょっと鬱」で安定するのが良いというのは納得できます。

でも、その「ちょっと鬱」がどれくらいのラインかっていう問題もありますね。当然、個人差がありますが、日常生活ができる程度なのか、継続的に仕事ができる程度なのか、とか。

僕はまだ「ちょっと鬱」を保ててない気がします。たまに躁状態にいったりするし、激鬱で自殺騒動を起こすし笑

最近はやはりあまり調子がよくないですが、少しずつ安定していけばいいです。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。